EDの分類

EDは男性器が勃起しなくなることを示しており、非常に多くの方がそれに頭を抱えています。
また様々なことが原因となり起こりますが、同じ症状であってもいくつかの分類と治療法があります。
分類の中で大きく分けて器質性EDと機能性EDと混在型EDがあげられます。
自身の分類が何に該当するかを知っておくことは治療をする上で重要と言えます。
まず器質性EDに関して、生まれ持った体質的に勃起が難しいタイプのことを言います。
勃起は男性器の中に普段以上の血液が流入することで起こります。
しかし体質的にこれが難しいという人も多く、誰しもが出きるものではありません。
症状に関しても程度は様々であり、心身への刺激があればなんとか出来る人もいれば一切の反応を示さない事もあります。
また体質は先天的な要因が大きいため変えることは難しいケースが多いです。
次に機能性EDについて、このタイプは何かの原因により次第にその機能を損なってしまうというもです。
原因にも様々なものがありますが、その多くは加齢です。
男性は年齢を重ねると自然と精力の衰退が起こります。
それに加えて若いときに比べて性的興奮も乏しくなる傾向があり、徐々に勃起が難しくなっていきます。
またその状態が続いてしまうとさらに悪化してしまいます。
人の体は特定の状態が続いてしまうと、それに体を馴らしてしまいます。
それはそうと慢性的に男性器に血液が必要量しか流入せず、勃起出来ない状態が起こってしまい、体がそれを維持してしまうため注意が必要です。
また他にも生活が原因となりEDになるケースもあります。
勃起は血流が重要となりますが、血液がどろどろで状態が悪いと自然とその流れにも影響を及ぼしてしまいます。
またそれが続くことで慢性的に勃起できず、自然とEDを引き起こしてしまうという結果に繋がります。
またその方の多くは生活習慣病になる該当している人が多いです。
そのため体質改善を量ることも重要となります。
最後に混在型EDです。
これは元々器質性EDの要素を持っており、そこに徐々に機能性EDの要素が加わっていくケースを示します。
混在型EDは元々の要素を含みつつ進行していくため、改善も難しい傾向にあります。
男性の誰しもEDはいずれは引き起こしてしまいますが、その原因を知っておくことは治療を始める上でも重要となります。
誤った判断で効果の薄い治療をしているとその間にも進行していくことはあるため、注意が必要です。

分類により違う治療方法

EDには大きく分けて3つの分類がありますが、それぞれに応じて治療法も異なります。
まず器質性EDでは専用の薬品や機械を使うことが多いです。
それにより人為的に男性器への血液供給を促進して勃起出来る状態を作ります。
またそれを続けることと、徐々にその量を減らすことで薬や機械に頼らずに克服することに繋げていくことが可能となります。
次に器質性EDの治療法についてはその原因を解消していくことが治療となります。
生活習慣病が原因で血流が損なわれているのであれば、その体質と血液状態を改善していきます。
また勃起力自体が加齢により衰えてしまっているのであれば精力剤や精力増強効果のある食べ物を食べるなど様々な方法で改善が可能と言えます。
またそれを続けることで改善した状態を維持することにもなります。
最後の混在型EDに関してはそのどちらの治療も行っていくことが大切となります。
混在型EDは原因が二つあるため、最初はどちらの原因がおおきいかの割合も存在します。
しかしそれも徐々に変わっていくため、その変化に合わせて変えていくことも大切です。
EDは男性の深刻な悩みの1つでしたが、その原因にも様々な種類があります。
自分の状態を把握してそれに合わせて治療していくことが求められます。

関連記事
サイト内検索